話題のiDeCoまるわかり はじめた人はトクしている「節税メリット編」

カンタンにできて、高い節税効果が話題のiDeCo(個人型確定拠出年金)。

iDeCo専門家ファイナンシャルプランナー山中氏に、そのおトクな魅力を聞いてみました。

知っている人だけがトクをしている”お得なお金対策”ってあるのでしょうか?

小澤 慶(以下 小澤)
将来への貯蓄はしていても、私たちサラリーマンは日々の忙しさから、老後のお金のことまで思いがなかなか巡らなくて。特にお金のことは同僚や友人と話しづらい。だから益々、自分が知らないだけで何か私たちサラリーマンでもできる”お得なお金対策”があるのでは?と疑ってしまうんです(笑)2017年1月の法改正でほぼ全ての人がiDeCoに加入できるようになったと聞きました。

山中 伸枝(以下 山中)
実は、おトクな方法はあるんです!

小澤
やっぱり!情報化時代の落とし穴。知っている人は、トクしているってことですよね。

山中
今日、ご紹介したいのは、個人型確定拠出年金「iDeCo」です。誰もが「節税」という仕組みを使ってお得を実感できて、その上、確実に老後のお金対策もできる国の制度なんですよ。

小澤
国の制度ってことは、国民の権利として利用できるってことですよね?知らないのは、もったいない話ですね。例えば、どのくらいの節税メリットがあるのでしょうか?

山中
例えば、年収が600万円の方が、月2万3000円を積み立てた場合、年間2万7600円が年末調整でキャッシュバックされます。さらに翌年の住民税も2万7600円軽減されるので合計5万5200円も節税メリットがあります。(*お客様の適用税率によって異なります。)

小澤
それは、お小遣いが限られているサラリーマンにとっては大きい!しかし、節税っていうとなんか面倒なことが多そうで、普通のサラリーマンでもできるものなのでしょうか?

山中
年末調整で、生命保険料の控除の手続きをとりますよね?多くの人が年末調整や確定申告で行なっている生命保険料控除と同じ手続きなので、控除証明書を添付するだけ。もちろんiDeCoの控除は、生命保険料控除とは別の「小規模企業共済等掛金控除」なので、生命保険料控除とは別枠で控除が受けられます。カンタンに節税できるというのも、iDeCoならではのメリットですよ。

小澤
それならカンタンで、誰でもできますね。

山中
その上、iDeCoはその積立金の全額が所得控除として認められているので、生命保険料控除よりも断然おトクなんです。

小澤
どのくらいおトクなのでしょう?

山中
たとえば、先ほどのiDeCoの例と同じように、個人年金保険で月2万3000円積立しても、控除対象となる金額は4万円ですから、年末調整の還付は4000円止まり、住民税は2万8000円が控除の上限ですから、住民税の節税も2800円のみ。個人年金保険と比較してもiDeCoの節税メリットがとても大きいことが分かります。さらに、この節税メリットは、60歳まで毎年受けられます。

小澤
60歳まであと25年だとしたら、25年×5万5200円=138万円!かなりの金額になりますね。

山中
iDeCoは、2001年からスタートした国の制度。もし、15年前から始めていたら、82万8000円トクしていたことになります。

小澤
つまり、知らなかっただけで82万8000円も損していたということになるわけですね。なにごとも知らないって恐ろしい。

img2

iDeCoの節税メリットは、はじめた時から受け取る時までずっとつづく!

山中
このように、節税メリットがあまりに強力なので、その部分だけフォーカスされやすいのですが、このiDeCoは、そもそも老後のお金対策のために、自分で年金をつくる「老後専用の積立口座」です。月5000円からコツコツと積み立てつつ、資産運用もできます。

小澤
今は金利が低いから預金していてもまったく増えないので、上手く資産運用したいけど、なんとなくリスクが不安で手を出せず、預金と生命保険以外の金融商品を経験したことがない人が多いと思いますよ。

山中
そうですよね、でも、そんな方こそ、iDeCoをオススメしたいです。なぜなら節税でキャシュバックされるお金が、変動リスクを和らげてくれる、いわば補助輪が付いた運用だからです。

小澤
補助輪付きですか、なるほど!それならトライしやすいです。初心者でも始めやすい理由がわかります。

山中
さらにiDeCoでは、運用益も非課税です。預金は金利が低くてわかりづらいですが、実は、金利で増えた利息から20.315%も課税されているんですよ。

小澤
iDeCoの2つ目の節税メリットですね。コツコツ預金しても、それだけ税金で持っていかれるのは、もったいない!

山中
実は、iDeCoにはもうひとつ節税メリットがあります。それは、コツコツ積み立てて60歳以降に受け取る時、退職所得控除が適用されます。例えば、25年の加入であれば1150万円までは非課税で受け取れます。

小澤
つまり「積立している時」「運用している時」「受け取る時」と、最初から最後までずっと節税でおトクを実感できるということですね。しかも国の制度ということで、国が後押ししている点も安心です。

どんな人がiDeCoをはじめているの?

山中
長年ファイナンシャルプランナーをやってきて多くのお客さまのお金の相談を受けてきましたが、こんなにおトクなお金対策って他にはないですよ。

小澤
おトクで話題の理由がよくわかりました。でも、はじめなければ、そのメリットは享受できないままですよね。どんな人がiDeCoをはじめていますか?

山中
知った人からはじめていますね(笑)とにかく、はじめればすぐにその節税メリットは享受できますし、積立できる。期間が60歳と決まっていますから、はやくスタートすればするだけトクをしますから、思い立ったらスタートすることをオススメしたいです。

小澤
老後のお金対策は、我々世代は特に必須事項ですから、コツコツはじめられて、節税メリットもあって、それにより資産運用初心者でも補助輪付きで安心してトライできるなんて、ありがたい国の制度ですね。

山中
iDeCoは様々な金融機関で加入手続きができますが、資産運用がはじめての方には、「MYDC」でiDeCoデビューがオススメです。

MYDCは、iDeCo専門の会社なので、iDeCoのことを安心して相談できます。とてもわかりやすいWEBサイトでカンタンに申し込み手続きができますし、年齢や運用タイプに応じてロボットが商品選択をサポートしてくれるので、資産運用が初心者の方でも心強いです。専門のスタッフの方に電話やメールで質問できるのも安心できるポイントですよね。


対談者紹介

山中 伸枝
株式会社アセット・アドバンテージ 代表取締役
どこの金融機関にも属さない中立公正な独立系ファイナンシャルプランナー。
近書に「ど素人が始めるiDeCo(個人型確定拠出年金)の本」(翔泳社)。

小澤 慶
株式会社ベネフィット・ワン 執行役員
2000年に株式会社ベネフィット・ワン入社。
一貫して、福利厚生サービスの定着・向上を提案する営業・コンサルティングに従事。
プライベートでは、趣味のランニングと二人の娘に夢中