老後のお金対策をしつつ 「所得控除」もガッツリ!

年末が近づくと控除証明書が自宅に届き、年末調整で手続きすると還付金が戻ってきて、ちょっぴり懐があたたかくなりますよね。これは「所得控除」のおかげ!その中でも、意外に知られていないサラリーマン必見の「小規模企業共済等掛金控除」について、キャスター小宮悦子さんがお金の先生にお尋ねしました。

最強の控除?!

老後のお金対策をしたいと思っている方、必見!

小宮悦子(以下:小宮): 年末が近づきますと、なんとなくため息混じりで「年末調整」と「確定申告」の話題に触れることが多いですが、毎日忙しいサラリーマンの方々のために、簡単におさらいしていただけますか?

加藤博(以下:加藤):
サラリーマンは、会社の支給額から所得税などが差し引かれ、実際の手取り金額が決まりますね。この所得税は、支給される金額から、「所得控除」を差し引いた額をベースに算出されます。

小宮:
つまり、「所得控除」が多ければ多いほど手取りが多くなるわけですね。

加藤:
通常、毎月給与から所得税が差し引かれているのですが、その税額はあくまでも概算なので、実際の額との調整が必要です。

小宮:
それが「年末調整」ですね。私もテレビ局に勤務していた時に、年末調整用の書類に控除証明書を添付して手続きしていました。

加藤:
多くの方が、年末調整時に、生命保険や損害保険などの「控除証明書」を添付して手続きし、その後、還付金を受け取っていらっしゃると思います。

小宮:
還付金分で、いつもより受け取り額が多い給与明細を見ると、ちょっと嬉しくなりますよね。

加藤:
この「所得控除」は、たくさんの種類がありますが、その中の「小規模企業共済等掛金控除」をご存知ですか?

小宮:
一見すると、自分に関係なさそうなネーミングに感じますよね。

加藤:
しかし、現役世代必見の「所得控除」なのです。とくに、人生100年時代に備えて、老後のお金の対策をしておかないとな、、、と思っている方にとっては、見落とすわけにはいかない、とても大きな「所得控除」ですよ。

最強の理由

個人型確定拠出年金(iDeCo)が、最強と言われる理由は、掛金の全額を所得から差し引くことができるから!

小宮:
それは、どういう場合に適用される所得控除なのですか?

加藤:
この「所得控除」は、話題の個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入することで利用することができます

小宮:
つまり、生命保険は「生命保険料控除」、地震保険なら「地震保険料控除」ということと同じで、iDeCoは「小規模企業共済等掛金控除」ということですか?

加藤:
その通りです。iDeCoは、国の年金制度で、老後のために積み立てる、自分のための年金ですが、なんと、積み立てる金額の「全額」が所得控除になります。

小宮:
「全額」ですか。国も太っ腹ですよね。

加藤:
iDeCoで月に2万円、年に24万円を積み立てた場合、24万円すべてが「所得控除」の対象となります。

小宮:
それは生命保険と比べてどのくらいすごいことなのでしょうか?

加藤:
例えば、まったく同じように生命保険を支払っていても、所得控除の対象となるのは、4万円までですから、このiDeCoの所得控除の最強っぷりがよくわかりますよね。

小宮:
iDeCoは、老後のお金対策もしつつ、「所得控除」もガッツリ!とういうことですね。

加藤:
現役世代にとっては必須課題となっている老後のお金対策をする際には、必ずチェックしておくべきアイテムであることは間違いありません

小宮:
人生100年時代に備えるためには、お金の知恵をつけて、賢く対応しなければなりませんね。

20%の節税効果!

超低金利下においてこの効果!人生100年時代への備えの強い味方。

小宮:
では、実際にどのくらいの還付金がもらえるのか、気になりますよね。

加藤:
例えば、年収500万円の方が、月2万円、年間24万円の積み立てをすると、年末調整で所得税から2万4000円の還付を受けることができます

小宮:
2万4000円は嬉しいですね!

加藤:
さらに、翌年の住民税も通常より2万4000円安くなるので、合計で4万8000円も税金のメリットがあります。※お客様の適用税率によって異なります。

小宮:
年間24万円の積み立てをして、4万8000円もおトクになるということですか?

加藤:
計算すると約20%です

小宮:
今のような超低金利時代で、この税金メリットは大きいですよね。

加藤:
さらに、iDeCoは資産運用もできます。そして、運用利益にも税金がかかりません。これはとても大きな税金メリットです。

小宮:
日本人は、安全志向。でも、こんなに低金利が続くと、なにかトライしなければならないな、、、と思っている方も多いと思います。

加藤:
そんな時代に生きる方のために、iDeCoは、税金メリットでサポートしています。

小宮:
iDeCoは国の年金制度なだけに、支援が手厚いですね。

加藤:
人生100年時代に備えて、老後のお金対策をしたいと思っている方は、こういったおトクな国の制度を踏まえて、その対策方法を検討して欲しいなと思います。


今回のお金の先生は

加藤博
保険会社勤務での経験と知識を生かし「LIFE」を金銭面で支援し、豊かで幸せな人生を送るお手伝いをするプロのファイナンシャル・プランナーとして活躍中。