ベネフィット・ワン様にお聞きしました

キャスター小宮悦子さんが、株式会社ベネフィット・ワン 人事部 人事部長 門野靖弘様にお話をお伺いしました。ベネフィット・ワン様は、MYDCのサービスを利用し、社員の方へiDeCoの説明会を定期的に実施されています。
2018年2月25日

福利厚生のプロとして

「人生100年時代」へ備えることの

重要性を伝えたいと思いました。

小宮悦子(以下:小宮):
全従業員に、個人型確定拠出年金(iDeCo)の説明会を実施されたそうですね。

門野靖弘(以下:門野):
当社は、業界最大級の福利厚生サービスをアウトソーシングする事業を展開しており、働く人々へより良い情報やサービスをご案内しています。
そんな福利厚生のプロとして、従業員自ら、働いている間にしかできない「老後のためのお金対策」を知ることは大変重要なことだと考え、iDeCoの説明を全従業員へ行いました。

小宮:
「人生100年時代」を生きる者として、健康と共にお金の対策は必須項目ですよね。

門野:
iDeCoは国の年金制度。これから先、年金だけではままならないという社会情勢から生まれたものです。国が各企業に対して従業員へ周知を行うよう呼びかけていることもありますが、当社の従業員は平均年齢が約30歳と若く、より一層重要性が高いと考え実施しました。

小宮:
ニュースや新聞を通じて、老後のお金対策の重要性について頭では理解していても、多くの方は日々の多忙に紛れ、ついつい後回しになっているのだと思います。

門野:
一日の大半を会社で過ごすわけですから、従業員の人生に対して、企業の役割は大変大きいと思っています。「人生100年時代」へ備える重要性について考える機会を作り、その具体的な対策方法を案内することは、従業員への福利厚生として、とても大切なことだと思っています。

一方通行の情報提供だけでは

ダメだと痛感しました。

小宮:
具体的に、従業員の方へどのような案内をされたのですか?

門野:
当社は約1000人の従業員がいます。最初は、社内イントラの掲示板やメールで、制度の内容や利点を伝えていましたが、実際のところ従業員は日々の業務で忙しく、ゆっくり見る余裕はなかったり、iDeCoの説明には慣れない用語もあるので、分かりづらいように感じました。

小宮:
目の前の仕事に追われ、なかなかそこまで余裕がないのが実態ですよね。

門野:
これでは、人事を担当する者の自己満足で終わってしまい、従業員へその重要性をちゃんと伝えられていないと感じ、全従業員に向けて説明会を行うことにしました。

説明会と

個別相談会のワンセットで

iDeCoの制度をしっかりと伝えました。

小宮:
1000人の従業員全員に対して説明会を行うのは大変でしたでしょうね。

門野:
従業員全員にとって、老後のお金の対策がいかに重要なことかを理解してもらうために、あえて就業時間内での強制参加という形をとりました。

小宮:
説明会は、どのような内容のものだったのですか?

門野:
プロのファイナンシャルプランナーの方から年金の制度についてのおさらいや、老後に必要なお金についての講義をいただいた後、その対策としてiDeCoがいかに身を助けるアイテムとなるかについてを学ぶという流れにしました。

小宮:
説明会の後、従業員の皆さまの反応はいかがでしたか?

門野:
若い従業員も「将来のことを見つめる良いキッカケになった」と満足度は大変高かったようで、その様子を見ていると、私としてもとても嬉しかったです。しかし、説明会で理解は深まっても、実際の行動に起こすにはもう少しフォローが必要だと感じ、後日すぐに、社内の会議室で、個別に質問や相談を受け付ける時間を数日設けました。

小宮:
説明会の場で手を上げて質問するというのは、なかなか難しいものですよね。お金のこととなると余計に躊躇しますしね。だから、個別の相談会があると嬉しいですよね。

門野:
説明会と個別相談会はワンセット。これでようやく事の重要性を従業員にしっかり伝えられたと思います。

個別相談会の参加者全員が

iDeCoの申し込みを始めました

小宮:
どのくらいの方が、実際にiDeCoで老後の対策をはじめられたのでしょうか?

門野:
個別相談会に来た従業員の100%が、その場でiDeCoの申し込みをし始めました。

小宮:
それは、すごいですね!
会社が提供してくれる機会を利用して、漠然とした老後の不安を取り除くことができた従業員は、いつかやらなきゃ!と思っていたことが解消されたのではないかと思います。不安が減ると、安心して仕事に取り組めますしね。

門野:
退職後のお金は個人で対策していくものという考えもあるとは思いますが、同じ職場で長く共に時を過ごす従業員は、家族のようなもの。老後のお金対策は、働いている間にしかできないことなので、最低限伝えるべきことをしっかり知らせ、その上で従業員が最終的に選択するのが良い形だと考えています。

MYDCは人事の相談相手

カンタン&ロボアドバイザーで

従業員にとっても、プラス!

小宮:
iDeCoはたくさんの金融機関が取り扱っていますが、その中において、なぜMYDCとタッグを組み、社内周知を行われたのですか?

門野:
MYDCは、iDeCo専門のスタッフが、社内周知の相談から説明会や相談会の実施まで一緒に作り上げてくれるサービスがありましたし、なにより、最初の頃、iDeCoの知識が乏しかったので、相談相手として頼りになりました。

小宮:
従業員の方々にとって、MYDCの魅力はどのような点があるとお考えですか?

門野:
いくつかポイントがありますが、まず、MYDCは「どこよりもカンタン」。従業員がiDeCoに加入する際に、手続きの煩雑さがネックになると考え、スマホやWEBでパパッとカンタンに10分程度で手続きができるのは、忙しい従業員の助けになります。

小宮:
手続きが複雑だと、挫折してしまいますものね。それだと、せっかくの機会が台無しになってしまいますから、重要なポイントですね。

門野:
さらに、MYDCでは、ロボアドバイザーがサポートしてくれます。iDeCoはその口座の中で、運用することもできるのですが、多くの従業員が運用の初心者。この長く続く低金利に加え、長い老後のために賢く貯蓄するためには、資産運用は避けては通れないと思っていますが、なかなか取り組むのが難しい。そんな中、初めて運用にチャレンジしたい人にとって、このロボアドバイザーはとても心強いサポートです。

少しでも早く

「気づきの場」を提供することが

人事の重要なミッション!

小宮:
最後に、社内でiDeCoの制度説明を検討している企業の方々へ、アドバイスがありましたら、お教えください。

門野:
私は、国が特別に設けたこの制度の背景をしっかり汲み取り、従業員へ伝えることは企業の義務だと思っています。老後は誰にでもやってきて、いずれ誰もがお金の問題に直面します。加えて「人生100年時代」という前例のない時代に生きる者として、「あの時、老後の対策をやっておけばよかった」という後悔を未然に防ぐことが、今、人事や福利厚生を担当する部署として、重要なミッションになっているのではないかと思っています。

少しでも早く、そして継続して、気づきの場を提供してほしいです。