ライフネット様にお聞きしました

キャスター小宮悦子さんが、ライフネット株式会社の人事総務部 マネージャー 岩田佑介様にお話をお伺いしました。ライフネット株式会社様は、MYDCのサービスを利用して、社員の方へiDeCoの説明会を定期的に実施されています。
2018年2月25日

他にはないiDeCoならではの

特別な節税メリットを

従業員に知らせないわけには

いかないですよね。

小宮悦子(以下:小宮):
全従業員を対象に、個人型確定拠出年金(iDeCo)の説明会を実施されたそうですね。

岩田佑介(以下:岩田):
当社は、「人の能力に年齢は関係無い」というポリシーの下、年功序列ではなく実力中心、そして、一部の職群を除いては、年齢による一律の「定年制」がありません。それゆえに退職金制度も設けていないため、「何歳まで働き、どのように老後を過ごすのか」という、老後の資産設計を含めたライフプランを、自らがオーナーシップを持って考える必要があります。そこで、老後のライフプランを考える最初のきっかけづくりとして、国の年金制度であるiDeCoを活用してもらいたいと思い、説明会を開催しました。

小宮:
御社は保険会社ですよね。その保険会社の方から見ても、iDeCoは魅力的ですか?

岩田:
お金の対策は、目的によって方法は異なります。iDeCoは老後のお金対策を現役時代からコツコツと行っていくという目的において、とても効果的な方法だと思います。国の年金制度という安心感に加え、他にはないiDeCoならではの特別な節税メリットは、従業員に知らせないわけにいかないですよね。

あっという間に

会場が満杯になるほど。

想定以上の集まりでした

小宮:
説明会を開催されてみて、反響はどうでしたか?大変盛況だったとお聞きしましたが。

岩田:
ランチタイムに任意参加として案内したのですが、あっという間に会場が満席になりました。ここまで人が集まるとは想定以上でした。

小宮:
従業員の皆さまの関心の高さがうかがえますね。

岩田:
生命保険業は、お客さまのライフプランを設計・ご提案する仕事であるため、従業員も、自身の老後のライフプランに対する問題意識が強いのだと思います。そんな中、話題のiDeCoを体系的に学べるという機会が、従業員の今の需要にピッタリ合致したのだと思います。

「人生100年時代」に突入!

老後をプロテクトする必要性は

急速に高まっていると思います。

小宮:
今は働き方が多様化し、御社のように退職金制度がない会社も増えていると思います。ライフプランニングの重要性は、ますます高まってきているのではないでしょうか?

岩田:
これまでは、国の年金制度も安定していて、自らのライフプランに対して何も考えていなくとも、会社で真面目に働いてさえいれば、老後も安泰でした。しかし、「人生100年」に突入したことで、「60歳で定年、65歳まで再雇用、その後リタイア」という、これまでの一般的な職業生活を前提とした、企業の人事制度や国の年金制度が、実態と合わなくなってきています。それゆえに、自分の老後は自分でプロテクトする必要性が、急速に強まっていると思います。

小宮:
賢く生きていくには想像力が必要ですよね。しかし、若いうちは、なかなか老後のことまで考えが及ばないものです。そんな従業員へ、気づきの機会を提供するということが、まずは重要なことですよね。

岩田:
老後のお金対策は、早いうちからコツコツと行うことが重要です。60歳になって慌ててもどうにもならない。働いているうちにしかできないことを伝えることは、企業の責任だと思っています。

経営トップ自ら

MYDCでiDeCoに加入しました。

手続きがカンタンであることが

最大のポイントです。

小宮:
iDeCoはたくさんの金融機関が取り扱っていますが、その中において、なぜMYDCとタッグを組み、社内周知を行われたのですか?

岩田:
MYDCさんのインターフェースは、直感的に手続きが進められるようになっていて、非常に分かりやすいというのが最大のポイントでした。忙しい従業員にとって、カンタンであるということはとても大切なことです。生命保険をもっとわかりやすく伝えたい、という当社の理念とも大きく重なるものであると感じました。

小宮:
いざiDeCoで老後のお金対策をしようと思った時に、手続きが面倒だと、トーンダウンしてしまいますものね。岩田さんもiDeCoをはじめられましたか?

岩田:
もちろんです。当社の経営トップも、私もMYDCからiDeCoに加入しました。10分程度で手続きできて、とてもカンタンでした。従業員にも安心して勧められます。

従業員へ、少しでも早く

気づきのチャンスを

提供して欲しいです。

小宮:
これからますます「人生100年の時代」への備えが重要となってくると思いますが、企業はどのように対応すべきだと思いますか?

岩田:
まずは、私たちのような人事が率先して、従業員一人ひとりの老後を含めたライフプラン、つまりどういう人生を歩んでいきたいのかという想いに真摯に向き合うことだと思います。そして、老後をプロテクトするためのお金対策は、働いている間に、しかもなるべく早いタイミングから考えるべきだということを従業員にしっかり理解させること。今の時代、これは企業の責任だと思います。

小宮:
人事のサポートも、新しい時代に合わせていく必要がありますね。

岩田:
企業の人事は、少しでも早く、従業員に気づきのチャンスを提供すべきであると考えています
弊社は中途入社も多いので、毎年、一度はiDeCoの説明会を繰り返し行っていこうと思っています。